シンプルラーニングとは?


歩行が上達するために、あなたは何を行いますか?

難しく考えなくても「動きの学習」ってできるんだ!!

シンプルラーニングとはフェルデンクライスメソッドや、キネステティクス®、他様々な学習法を応用して作られた「動きの学習」の考え方です。

 

学びに対する概念はこれまで確立したものがありませんでした。そこで人が学ぶには必要な要素を概念化し、「動きの学習」を誰しもが効果的に、簡単に実践できるようにしました。これらの考え方は多くのメソッドがベースとして成り立っていますが、シンプルラーニング独自のものです。

 

特に日常生活の動きに焦点を当てています。対象者が「歩く」、「立つ」、「寝返る」「起き上がる」など、できない人がいれば無理なくできるように、それがより楽にできるように動きの学習を手伝えることを目的としてます。

 

この概念はリハビリテーションのアプローチはもちらん、人の動きを助ける介助など様々なことに使うことができ、また実践されています。テクニックではなく、概念ですから様々な状態の人に使うことができます。

 

何ができるようになるか??例


動けない人がより動けるように学習を手伝うことができます

・肩こりや腰痛なども体の使い方を変えることで解決します。

・寝たきりでも、起き上がりや寝返り、歩行などの獲得を無理なく行うことを手伝えます。

・自分の体もより機能的に使え、痛みや怪我のリスクを軽減しながら、仕事や趣味のパフォーマンスを高めることができます。

不器用な自分から卒業できます

・ただ過剰に頑張ることから離れ、効果的に学びを実践できます

・「学びを助けるハンドリング」ができます。

・情報を扱うスキルが高まることで他分野の学びに対しても効果的に行えます。(例えば語学学習やスポーツなど)

よりクリエイティブに自由に

・型ではなく、相手に合わせて自分で考えて実践する「オーダーメード」のアプローチが可能になります。

・自分の仕事や生活の中でも新しい発見や学びができる力が高まり、さらに仕事や生活が充実します。

シンプルラーニングの3つの視点


1.学びの概念


人は動きどのように学ぶのかというアイデアです。

学びの要素

人が学ぶのに必要な要素を学びます。人はどのように「情報」を取りくれるのか理解を深めます。

学びの戦略

動きをより効率的な学ぶためのアイデアです。

2.動きの概念


どのようになれば動きが上達したと言えるのか?「情報」という視点から見た動きの考え方を理解します。

動きのシステム

身体全体で機能すること、動きの多様性に関するアイデアです

動きの関係性

様々な身体や動きのつながりを立体的に捉えます。

3.実践の概念


実際に相手の動きの学習を行うときに助けになるアイデアです

being

関わる自分自身の使い方を見つめるためのアイデアです。

コミュニケーション

学習を支援するタッチ、ハンドリング、言葉の使い方の理解を深めます。

セミナー予定はホームから