シンプルラーニング教師


谷口 奨(たにぐち すすむ)

シンプルラーニング提唱者

 

資格・経験

・作業療法士として13年程度

・フェルデンクライスメソッド国際認定ライセンス

・キネステティク教育ディレクター

 

 

所属団体

シンプルラーニング協会代表

日本動きの学習協会代表

動きの学習とリハビリテーション研究会代表

ご挨拶


皆さんこんにちは。

 

谷口奨(たにぐち すすむ)と申します。動きの学習の専門家として日本全国でセミナーを開催しています。かれこれ10年近く開催し述べ2000人以上は教えています。体験型のセミナーなので、たくさんの人に一度に教えるのではなく、少人数で開催しています。また高齢者を専門に動きの学習をサポートして楽に動けるお手伝いをしています。

 

シンプルラーニングは人の動きに様々な理論と、リハビリ職種として多くの人との関わった実戦からの学びを元に作られた学びの概念です。繊細なタッチとハンドリングを使いながら、動きの学習のサポートができることを学びます。

 

「動きの学習」という分野はまだまだ発展途上の分野です。一般的に動きを向上したいとなると一般的に、テクニックやハウツー、またある種の型を教えたり、筋トレやストッチ、回数に主を置いた反復運動といことが中心になります。シンプルラーニングは赤ん坊の学びのプロセスをヒントに全く違う側面で動きの向上を目指すものです。

 

例えば、私たちが歩行を覚えた時は、専門家がきて赤ん坊の頃に指導されたからではありません。自ら学習して歩行を覚えたのです。そう、人は自ら学ぶ力を持っているのです。

 

「人は学ぶ力がある」ということを前提に、その学ぶ力をどのように引き出すか。どのように関われば良いか。ということをシンプルラーンングでは探求します。そして人が歩き方を自分で覚えたように、問題に自ら向き合い対応できるように学びます。それは押し付けでもなく、自らの可能性に向き合うとても自由なプロセスです。

 

参加者の多くは一つ、一つが目から鱗だとおっしゃてくださいます。大げさに言わなくても日本中、いや世界中どこを探しても「ここだけ」でしか学べない内容です。

 

シンプルラーニングのプログラムは正直、まだまだ有名ではありません。しかし非常にリピーターが多いコースになっています。ベーシックコースを参加すれば、その興味深さから8割の方が次のコースを受講しています。教師になりたい人も出ています。それだけ体験すれば面白いと思ってもらえるのではないかと思います。

 

シンプルラーニングの概念を使えば、みなさん「えっ、こんなことで学ぶの!?」「こん風に動けば楽だったのになんで気づかなかったんだろう?」とびっくりする体験ができるでしょう。コースでは難しい言葉は使いません。多くの人が参加しやすいように考えてコースが構成されています。

 

学びは楽しく、リラックスを心がけています。興味がある人はお気軽にベーシックコースからご参加ください。最初は緊張するかもしれませんが、すぐに楽しく過ごせます。全国から様々な人が参加しています。

 

これを見ている皆さんと一緒に学習できることを楽しみにしております。

 

シンプルラーニング提唱者

谷口奨